味来(トウモロコシ)の値段や通販などのお取り寄せ情報まとめ!糖度やおすすめレシピも!

ravi-sharma-490714-unsplash

比較的新しいトウモロコシの品種である「味来(みらい)」はご存知ですか?粒が柔らかくて、食感も良く、甘くてジューシーな味わいが楽しめるとして、登場して以来数あるトウモロコシの品種の中でも高い人気を誇っています。

そんな味来はそもそもどのようなトウモロコシなのでしょうか。値段やお取り寄せ情報、オススメの料理レシピなど、今回詳しく解説していきます!

味来(トウモロコシ)とは?


味来は「みらい」と読みます。

北海道産の人気のトウモロコシで、他のトウモロコシと比べると、糖度が高めです。また、他の品種よりも小ぶりで、果物のような甘さが楽しめるのも特徴のひとつとなっています★

粒皮が柔らかく、生でも食べられるトウモロコシ!食感もシャキシャキしていて、フルーツ感覚で食べられるので「サラダコーン」や「フルーツコーン」とも呼ばれています。

茹でて食べると、より良い食感と甘さが楽しめるので、生と茹でたタイプ両方をぜひ食べてみていただきたいです!

粒は小粒ですが、その分旨みと甘さが凝縮しています。食物繊維やタンパク質、デンプン質、脂質を豊富に含んでいる、健康的な食材でもあります。

味来の糖度


味来の糖度はとても高く、平均の糖度は12度以上とも言われています。これは、果物でいうと、梨やイチゴに匹敵する甘さ。

トウモロコシの中でもかなり甘い品種です。味もみずみずしく、とてもジューシー。芯の先までしっかりと実が詰まっていることが多いので、食べ応えも十分です。

他の品種のトウモロコシと比べると芽が出ることが少ないため、その分栽培が難しいことでも知られています。食べる機会があれば、味来の甘さやジューシーさに舌鼓することでしょう。

味来の美味しい食べ方


味来は皮が薄くて小ぶりなので、そのまま生で食べても美味しいですし、茹でたり、焼くと糖度が一層高まってより甘く食べられます。今回は、生で食べる以外の「蒸す」、「茹でる」、「レンジで調理」の3つに分けて、美味しい食べ方をご紹介していきます。


  1. 蒸す
  2. お湯を鍋いっぱいに沸かして、味来は皮が1枚付いた状態で入れます。蒸し時間は3分を目安にしましょう。

  3. 茹でる
  4. お湯を鍋いっぱいに沸かして、味来は蒸す時と同様に、皮1枚付いた状態で茹でます。塩をひとつまみ鍋に入れて、2分間茹でましょう。

  5. レンジで調理
  6. 味来は、皮を剥き、少し水をつけた状態にして、サランラップで包みます。約3~4分温めますが、レンジの出力によって温める時間が異なるので、少し注意して温めます。


茹でる場合は、通常のトウモロコシよりも短い時間でサッと茹でます。味来の糖度は1日ごとに減少するともいわれているので、なるべく早めに食べるのが一番!

それでも食べきれなくて保存したいと思った場合は、一度茹でたり、蒸した味来を1本ずつラップで包んで冷蔵庫へ。2、3日の保存なら、それで十分美味しく食べられます。

長期保存したい場合は、一度茹でた味来をラップに包み、冷凍庫に入れておくようにしましょう。

味来の値段とお取り寄せ情報

トウモロコシの味来はお取り寄せで購入することもできます!人気の通販サイト、楽天やアマゾンからも注文が可能です。

楽天だと、出品されている味来の半分以上が送料無料で注文可能です。値段は量にもよりますが、2800円~4000円ほどとなっています。アマゾンも値段は楽天と同様でしたが、出品数は楽天に比べて現時点(2018年6月現在)で少なめとなっています。

これから夏にかけて、味来の収穫時期に入りますが、それに伴い予約も例年殺到しています。採れる数に限りがあるので、購入を考えている方は、今のうちに予約をしておいた方が良さそうです。

早い出品のもので7月下旬、一般的には8月の中旬頃から発送されるようです。地域によってはちょうどお中元の時期に入るので、贈り物としてもオススメです!

この機会に、美味しいトウモロコシ、味来を贈呈用として検討されてみてはいかがでしょうか。

味来を使ったオススメレシピ♪


そのまま生で食べたり、蒸したり茹でても美味しい味来ですが、それだと少し物足りないですよね。味来はバリエーション豊かな料理にもバッチリ合うのです♪

今回は、簡単に美味しく作れる味来のレシピをご紹介していきます!

味来のかき揚げ

材料:味来(1本)・小麦粉(適量)・溶き卵(1/2個)・水(50cc)・料理酒(大さじ2)
作り方
① 味来の実を包丁で削り取る。
② 味来をボウルに入れて、小麦粉と合わせて混ぜる。
③ 溶き卵、水、料理酒を加えて、衣を作る。
④ 油を170℃に熱して揚げる。

完成したかき揚げは、シンプルに塩で味付けをしても美味しいですし、天つゆやレモン汁を付けても美味です。お気に入りの味付けで食べてみてください♪

味来のご飯

材料:米(2合)・とうもろこし(1本)・塩(小さじ1)・料理酒(大さじ1/2)
作り方
① 2合米を研いで、2合目の目安の部分まで炊飯器に水を入れる。
② 30分~1時間浸けておく。
③ 小さじ1の塩を入れ、軽く混ぜて溶かす。
④ 実を切り落とした味来を米の上に乗せます。そして、実が付いていない芯の部分も一緒に炊飯器に入れます。
⑤ ご飯を炊く。
⑥ 炊き上がったら、芯を取り出して混ぜる。好みで料理酒を少し入れると、よりコクが出て美味しくなります。

甘味と塩気のバランスも良く、食欲がそそられる味わいです。お弁当用としてもオススメです。

味来のアイスクリーム

材料:味来(適量)・バニラアイス(1カップ)
作り方
① 味来をフードプロセッサーでペースト状にする。
② バニラアイスクリームと手早く混ぜる。
③ 混ぜたら、冷凍庫に入れて再度凍らせる。

味来をペースト状にすることでアイスの口当たりも滑らかになりますが、ちょっと食感を残したいという方は、ペースト加減を調整してみてください。
とにかく簡単にできますし、食後のデザートにもピッタリです。

ご紹介しているレシピは、すべて味来の実を芯から切り出さなければなりませんが、この時も綺麗に切り取るコツがあります。

まず皮をすべて剥いて、根元を切り落とします。それから、実を切り落としやすいように、味来を半分に切ります。味来をまな板の上に縦に置いて、味来をゆっくり回しながら、実を包丁で切り落としていくと、綺麗に実が取れます。ぜひ、試してみてください!

まとめ

・味来は北海道産のトウモロコシ。粒は小粒です旨みと甘さが凝縮した味わい。

・味来の平均糖度は12度以上。果物でいうと梨やイチゴに匹敵する甘さ。

・味来は生で食べても美味しい。蒸す・茹でる・レンジで調理など温める調理法も甘さが一層強くなるのでオススメ。他の品種のトウモロコシと比べて茹でたり蒸す時間が短い。

・味来はお取り寄せで購入もできる。楽天やアマゾンからも注文が可能。贈答用としてもオススメ。

・味来はそのまま食べても美味しいがどんな料理にも合う万能食材。味来と白米を炊飯器に入れてご飯を炊いたり、バニラアイスと混ぜても美味しい。

味来は、普段スーパーなどでは見かけない品種ですが、その味わいがかなり美味しいと好評!お取り寄せもできるので、ぜひ一度甘くてジューシーなトウモロコシ、味来を堪能してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です