アマゴの値段と旬やお取り寄せ情報まとめ!生息地やヤマメとの味の違いとは?

この記事は2分で読めます

lukas-budimaier-44313-unsplash

今回、青空レストランで紹介される食材は、”アマゴ”です。

アマゴはヤマメやイワナと同様に川魚で、主に西日本で
食べられています。

昔ではなかなか食べることができない品種でしたが、
養殖者であればスーパーで買えることも多くなっています。

アマゴの定番はやっぱり塩焼きです。
川魚ながら癖が少なくさっぱりしているので美味しく
味わうことができます。

今回は、アマゴの値段や旬とお取り寄せ情報や
生息地や近縁種のヤマメとの味の違いを紹介します。

アマゴとは

アマゴは日本にのみ生息する固有種で静岡より南の本州や
九州の一部に生息しています。

アマゴは清澄な湖や河川で生まれた後、とどまり
一生を終えます。

アマゴを漢字で書くと「雨子」や「雨魚」となり、
その字の通り雨が多い梅雨の時期や初夏に旬を迎えます。

ヤマメとの味などの違い

アマゴと似た魚にヤマメという魚がいます。
ヤマメもきれいな河川で一生を過ごす川魚です。

素人目にはアマゴもヤマメも同じ魚に見えますが、
アマゴには体の側面に赤色の斑点があるのでここで
見分けることができます。

アマゴとヤマメはどちらも美味しいと評判高い川魚ですが、
味の違いはもちろんあります。

アマゴは
あっさりとしていて癖のない旨味のある味わいで、
癖のない滋味に溢れた味と言われます。

ヤマメは
野趣あふれるワイルドな味わいが特徴で独特の匂いが
あると言われています。

独特な匂いと言っても嫌な匂いではないそうです。

アマゴのお取り寄せ情報

アマゴは地域によってはスーパーでも購入できるようですが、
お近くのスーパーにない場合通販でも購入できます。

また、新鮮なナマのものが食べたい場合、
川魚本舗というサイトで販売されています。

生のアマゴ購入はコチラ

アマゴの値段

アマゴは元々物流が発展していない時代の山間部に
住む人々にとって貴重なタンパク源でした。

養殖技術が進んだ現代では、売られている多くのアマゴが
養殖のものです。

養殖ができるようになったことで値段は安定されて
供給されています。

川魚本舗さんでは10尾で約2400円で販売がされています。

まとめ

・アマゴは日本の固有種で静岡より南の本州や、九州の一部に生息する

・アマゴは梅雨に時期や初夏に旬になる

・アマゴの味は癖のない滋味に溢れた味

・ヤマメの味は野趣あふれるワイルドな味わい

・アマゴは10尾で2400円ほどで販売されている

現在、天然のアマゴはほとんどが釣り人以外食べる機会は
ないでしょう。

しかし、養殖ができるようになったことで安定供給ができるようになり
値段も安定していて購入しやすい様になりました。

川魚の女王友いわれるアマゴ、ぜひ召し上がってみてください。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ヒオウギ貝
  2. img10025178224 (2)
  3. tozangori158A5090_TP_V
  4. サルサソース 味 使い方 レシピ
  5. 鮭児 幻の鮭
  6. misuta-kinngu
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。