ローマ法王と教皇の違いやそれぞれの意味とは?

最近のニュースの中で「ローマ教皇来日」との言葉を耳にしました。

ただ他の記事ではローマ法王来日と書かれているものもあり、法王と教皇が混在して使われているみたいでした。

また、この度日本政府が「呼称をローマ教皇に統一する」との発表を行ったようですね。

Sponsored Links

法王と教皇の違い

patrick-fore-b_SHPU5M3nk-unsplash-min
元来日本では宗教の最高指導者に対して「法王」という敬称を使ってきました。

というのも法王は仏教の言葉で仏教における最高指導者が法王とされています。

教皇という言葉は、日本のカトリック教会が使っていた呼称で、国を治める「王」ではなく

教えを伝える人いう意味で教皇という言葉を使ったといわれています。

カトリック教会はこれまで法王ではなく教皇に呼称統一を呼びかけてきました。

今回、初めて日本政府が「教皇」を正式な呼称とすることを決定したことで、今後は「教皇」というのが正式な呼び名となります。

◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です