立冬の意味や由来と食事は何を食べたらいいの?

school_samui_seifuku

クリックで好きな項目に移動

毎年、秋が深まり寒くなるとよく”立冬”という言葉を目にしたり耳にしたりしませんか?

カレンダーにも書かれている立冬ですが、意外と正確な意味は知らない方は多いと思います。

今回は立冬の意味などを紹介します。

Sponsored Links

立冬とは意味を解説

立冬は冬の始まりを意味する言葉です。

立冬から2月にある立春の前日までが冬とされています。

 

 

 

しかし、立冬にはもう一つ意味があります。

それは秋の極まりを意味します。

 

 

つまり立冬とは冬の気配が立ち始め秋がもっとも深まる日です。

立冬の食べ物

bounenkai
季節の節目ごとにはそれぞれ食べるべきものがあります。

有名どころでは、冬至のかぼちゃや十五夜の月見団子が有名です。

 

 

しかし、冬の始まりである立冬には食べるべきものとされいるものはありません。

中国では立冬に豚や鶏、餃子を食べるところが多いそうです。

日本でも冬瓜を立冬に食べるところがありますが、あまりメジャーではないですよね。

 

 

 

立冬に食べるものを強いて言えば、”お鍋”でしょう。

立冬になることが多い11月7日(いいなべ)は”鍋の日”とされています。


立冬は寒さが厳しくなる直前、温かい鍋で本格的な冬に備えて栄養補給してはいかがですか?

◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です