即位恩赦とはどんな意味で対象は誰?交通違反には適用されるのか?

atik-sulianami-474042-unsplash

即位恩赦または政令恩赦ともいうそうですが、天皇陛下が即位を宣言されるときに行われるもののようです。

2019年には平成天皇陛下が退位し新たに令和天皇陛下が即位されたことから恩赦が行われるようです。

過去には昭和天皇陛下や平成天皇陛下が即位されたときにも恩赦が行われています。

しかし、そもそも即位恩赦とは何なのでしょうか?

今回は即位恩赦について意味と対象者について調べてみました。

Sponsored Links

即位恩赦の意味とは?

PAK752_akunokyouten15205657_TP_V
恩赦をwikipediaで調べてみると、

恩赦とは、行政権(又は議会)により国家の刑罰権の全部又は一部を消滅若しくは軽減させる制度のこと

もっと詳しく書くと、国家によって罰が少なくなるということですね。

ちなみに恩赦は日本だけでなく、欧米やアジアなど広い地域でこれまで行われています。

即位恩赦の対象者は?

過去に天皇即位時の恩赦には死刑囚への恩赦が行われたこともありますが、近代になってはほとんど行われていません。

令和の即位恩赦でもまず行われることはないでしょう。

今回の恩赦の内容は、罰金刑に処された軽犯罪が確定後の”復権”だけ行われるそうです。

復権と書いてしまうと意味が分からなく難しく感じてしまいますが、

要は権利を回復させること。

例えば選挙違反をした人は、選挙に出馬することができなくなってしまいます。(公民権の停止)

これが恩赦によって公民権を復活させることが復権になります。

交通違反は恩赦されるのか?

nabeel-syed-2856-unsplash
今回の恩赦についてはまだまだ「ここからここまで恩赦する」とはまだ決まっていません。

しかし、今回の恩赦では復権のみ実施されると予想されています。

この復権によって交通違反にかんする恩赦はまず実施されないでしょう。

例えば、

交通違反の点数が消えたり、免停・免許取り消しなどですが、これについては恩赦されることはないでしょう。

◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です