リチャードターナー(マジシャン)の年収や目が全盲になった原因とは?経歴や妻・子供も紹介!

fancycrave-584274-unsplash

皆さんはリチャードターナーという稀代のマジシャンをご存知ですか?

Sponsored Links

カード捌きにおいてこの人の右に出るものはいないと言われるくらいの
天才マジシャンなんです。

そのカードテクニックを称して彼は”カードメカニック”と呼ばれています。

一体どれくらいスゴイのかはこの動画を見てください。



さすがにカードメカニックと言われるぐらいの素晴らしいテクニックですね。

しかし、驚くべきことはこれだけのテクニックを持っていながら彼は
全盲つまり全く目が見えていないんです。

動画ではそんな様子は見られませんよね。
しかし、その裏には彼の途方もない努力が潜んでいます。

今回はリチャードターナーについて紹介します。

リチャードターナーのプロフィールと経歴


名前  :リチャード・エドワード・ターナー(Richard Edward Turner)

年齢  :64歳(1954年6月16日生まれ)

出身  :アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ

職業  :カードメカニック

アメリカのマジシャン・オブ・ザ・イヤーにノミネートされている彼ですが、
本業はカードメカニックまたはカードマニピュレータ
つまりは”カードを操るのが本業です。

マジシャンとして活躍する前はカジノで生計を立てていたそうです。
伝説のイカサマ師”として

彼がイカサマ師として活躍していた時代は、非常に危険な時代で
イカサマがもしバレようものなら銃弾が脳天を直撃してお陀仏になるのも
珍しくありませんでした。

Sponsored Links

そのような時代を生き抜いた彼はまさにカードメカニックの名にふさわしい人物です。

リチャードターナーの妻と子供

リチャードターナさんにはキム・ターナーという奥さんと
アサ・ターナーという子供がいます。

こちらの画像ではキムさんが右側、アサさんが左側になります。

リチャードターナーの家族

リチャードターナーが全盲になった原因とは

リチャードターナーさんは子供の頃から徐々に視力が失われていったそうです。

最初から全盲になったのではなく、マジシャンになったのも子供の頃にみた
テレビの影響だったとはなしています。

彼が全盲になった原因は子供の頃にかかった”猩紅熱(しょうこうねつ)”という病でした。

猩紅熱は子供がかかりやすい伝染病で現在では抗生物質のおかげですぐに良くなる病です。

しかし、リチャードターナーさんが子供の頃には抗生物質があまり出回っておらず、
視力を失ってしまうのです。

子供の頃は目が見えないのが原因でいじめにあっていたそうですが、そのことが
逆にカードテクニックの練習に駆り立てたといいます。

彼が一日に練習した時間はなんと16時間
睡眠や食事以外のほとんどをカードに当てていたそうです。

いじめに屈せずむしろそれをバネにして技術を磨いていた姿には尊敬せざるを終えません。

リチャードターナーの年収


アメリカでマジシャンはかなり儲かる仕事のようです。
世界一稼ぐと言われるマジシャンのデビッド・カッパーフィールドの
年収は驚愕の6400万ドル、日本円にすると67億円にもなります。

ただ彼は年間で621回も公演をしていたことが大きな収入源になっているそうでね。

他にも年収の高いマジシャンは週に10回以上の公演をしている人も珍しくなく
公演回数が年収に直結しているそうです。

リチャードターナーは64歳と結構高齢なので多くの公演回数をこなすのは難しいでしょう。

しかし、世界一と謳われるカードマジックは唯一無二の存在であること、そして他の人気
マジシャンの年収を考えると

リチャードターナーの年収は100万ドルから500万ドル
日本円にして1億円から5億5000万円になることでしょう。

◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です