イレブンスリー暴走の意味や由来とは?なぜ岸和田でやるのか?

josh-wilburne-LrBQ3SBGkhA-unsplash-min

皆さんはイレブンスリー暴走という言葉を聞いたことがありますか?

僕は聞いたことがなく以下のツイートで初めて知りました。

毎年11月になるとイレブンスリー暴走というのが、大阪府の岸和田で行われるそうです。

今回は、イレブンスリー暴走の意味や由来となぜ岸和田なのかを調べてみました。

Sponsored Links

イレブンスリー暴走の意味とは

samvidh-ramanathan-9PaGKXIPUHQ-unsplash-min
イレブンスリー暴走は毎年11月3日に暴走することから名づけられています。

大阪の岸和田ではなぜか11月3日に様々な暴走族が集結して、暴走行為を行うそうです。

イレブンスリー暴走の由来

イレブンスリー暴走は約10年前ごろから始まったといわれています。

なぜこうした暴走行為を11月3日に行っているか正確なところはわかりません。

しかし、一説によると暴走族の総長の命日が11月3日であったことから、この日に追悼に意味を込めて暴走族が集結しているといわれています。

なぜ大阪府岸和田市で行われるのか?

そもそも大阪府岸和田では暴走族はいないそうです。

となると、イレブンスリー暴走をしている暴走族はよそら来た者だけということになります。

大阪府警の話によると

「なんとなく」で岸和田に集まってくるそうです。

大阪府警ではイレブンスリー暴走の発祥や指導者もわからないでいるのが現状だそうです。

◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です