渡部美佳(パティシエ)が作るいちごのスイーツや店舗を紹介!経歴や結婚相手も調査!

この記事は3分で読めます

mika

今回の「セブンルール」で渡部美佳さんが特集されますね。

渡部さんの肩書はいちご専門とされていて、スイーツ店
”メゾンドフルージュ”を経営されています。

メゾンドフルージュはいちご専門のスイーツ店ということで
この店独自のスイーツも数多く取り揃えられているそうです。

渡部さんは元々普通のOLだったらしいのですが、どうして
スイーツの道にそれもなぜいちご専門店なのか
興味が尽きないところだと思います。

今回は渡部さんの今までの経歴や結婚相手そして
メゾンドフルージュで提供されているスイーツや店舗情報
を紹介していきます。

渡部美佳さんの経歴

出身:山口県

学歴:関西の大学を卒業

・神戸のアパレル会社でデザインを担当

・印刷会社でデザインを担当

・京都千本通でいちご専門スイーツ店”マガザン・デ・フレーズ”を開業

・東京に”マガザン・デ・フレーズ 東京銀座店”を開業

・京都烏丸で”メゾンドフルージュ”を開業

・現在は株式会社ミュウの代表取締役を務める

渡部さんは一般の方なのであまり情報は出ていないようです。

実は大学時代はキャビンアテンダントに憧れがあり、そのための専門学校に
通っていたそうですが、運悪くその年にキャビンアテンダントの正規雇用はなく

夢を捨ててアパレルの世界に足を踏み入れたそうです。

デザイナーからスイーツ店のオーナーに

22
渡部さんがスイーツ店の仕事をするきっかけになったのは、
同じくデザイナーだった友人が
「美味しいイチゴを見つけたからお店を作って売る」といい出したそうです。

渡部さんもこのいちごを食べると友人の考えに共感して一緒に
やるようになったとか。

渡部さん自身お菓子作りの経験がなく、ケーキの切り方もわからない状況で
お店はスタートしてしばらくは、お店をしながら製菓づくりの教室に通う日々が
3年くらい続いたんだそうです。

その後友人は結婚を期に仕事を離れここで渡部さんが一人になった
タイミングで株式会社ミュウを立ち上げられています。

渡部美佳さんの結婚相手とは?

いちご専門のスイーツ店で大成功を治めている渡部さんですが、
私生活である結婚はどうなのでしょうか?

もしすでに既婚であるのならばお相手の旦那さんはどう云う人なのでしょうか?

しかし、渡部さんの結婚、結婚相手の情報は一切出てこずプレイベートは
完全にシャットダウンされていました。

もしかしたらお仕事の方に熱中しすぎていてプライベートの方は意外と
そっちのけなのかも知れません。

メゾン・ド・フルージュ

渡部さんが経営されるメゾン・ド・フルージュは平日でも
行列ができる超人気店だそうです。

それではメゾン・ド・フルージュの基本情報をご覧ください。

店名 メゾン・ド・フルージュ
住所 京都府京都市
中京区三文字町201
地図
最寄り駅 烏丸御池駅
定休日 月曜日
祝日の場合火曜日
営業時間 11:00~19:00
予約
お問合せ
075-211-4115

人気のスイーツ

メゾン・ド・フルージュでいちばん人気なのが
フォトジェニックな苺のミルフィーユです。

maisondefrouge12
フォトジェニックとは英語で「写真映えする」という意味で
その名の通りインスタで大人気のモデルでもあります。

かかっているリボンをほどくと
パイ生地の間にいちごがたっぷりと使われていてその他の材料は
カスタードクリーム、ビターな板チョコ、いちごクリーム、
木いちごクリームとホイップが使われています。

お値段は650円とリーズナブルですがすぐに品切れになってしまうので
購入は早い時間が吉です。

まとめ

・渡部さんが経営しているショップはメゾン・ド・フルージュ

・渡部さんは高校卒業後はデザインの仕事をしていた

・スイーツ店を始めたのは友人の影響

・店を始めるまで製菓づくりの経験はなく教室に通いながら仕事をしていた

・渡部さんは結婚しているという情報はないのでおそらく未婚

・一番人気のスイーツはフォトジェニックな苺のミルフィーユ

・お値段お手頃でインスタ映えもバッチリ

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. maxresdefault
  2. 6a09a0739e9f25e162baef5129dc9292-e1495458302766-300x257
  3. andressa-voltolini-202193-unsplash
  4. 仮想通貨少女 メンバー 素顔
  5. DbPlWffUMAAnQV-
  6. Atractosteus spatula
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。