渡具知武豊(とぐちたけとよ)の前職までの経歴や評判は?大学などの学歴もチェック!

plt1710060047-n1

地方の市長選では異例の報道がされていた沖縄県名護市の
市長選が終わり、渡具知武豊さんが当確となられました。

渡具知さんは市長選は初めての新人さんだそうですが、
自民党、公民党、日本維新の会の推薦を受けて出馬されていますが、
所属はどの党にもしていない無所属です。

新人さんと言っても写真を見るとかなりお年を召されているように
思います。

見事、初めての市長選で当確を勝ち取った渡具知さんは一体どのような
人物なのでしょうか?

Sponsored Link



渡具知武豊のプロフィール

誕生日  1961年8月12日(今年58歳)

出身地  沖縄県名護市許田

家族構成 妻・長男・長女・次女

名護市出身の方だったんですね。
地元の方ということでインフラ整備に重点を置くということを
公約にされていました。
そういうところが投票者の方々から支持されたんではないでしょうか。

個人のホームページ自体は持たれているようですが、
あまり詳細なことは書かれていなかったです。

正式に市長になられたらホームページのプロフィールも充実するかもしれませんね。

学歴

1976年 瀬喜田中学校卒業

1979年 名護高等学校卒業

1984年 第一経済大学卒業(現 日本経済大学)

第一経済大学の有名人はCHAGE and ASKAさんたちや
サッカー選手の野田 隆之介さんなどがいらっしゃいます。

経歴

1995年 商工会青年部副部長

1998年 名護市議会議員に初当選

2002年 軍事基地党対策特別委員会委員長

2006年 経済建設常任委員会委員長

2018年 名護市市長選で初当選を確実とした

ずっと名護市の姿勢にたずさわれていたようで、特に市議は
5期務められていることからも市民からの人気も高かったことでしょう。

Sponsored Link



渡具知武豊さんの評判

それでは渡具知さんの評判を見ていきましょう
渡具知 評判1

渡具知 評判2

渡具知 評判3

渡具知さんを歓迎している人が目立っていました。
その他の人も渡具知さんに反対というわけでもなく、今後の政治に
期待というような意見でした。

まとめ

・渡具知さんは名護市出身で今年58歳

・1984年に第一経済大学を卒業

・名護市市議会の市議を5期務めている

・評判は良く、真っ向から反対という人はいなかった

基地問題ばかりが注目された名護市の市長選ですが、渡具知さんの公約には
教育費の削減や医療福祉の拡充、インフラの整備など市民の方の生活に関わる
ことを多く公約にされていました。

市民の生活に関する公約を数多く出されたのが今回の当選確実に至ったのでは
ないかと思われます。

市長選では評判の良かった渡具知さんですが、今後の行動次第で評判も変わってきますので
注目していきたいと思います。

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です