平手友梨奈(てち)の痙攣と倒れた理由や今後の活動に支障は?原因は過激なパフォーマンスか?

2017年大晦日の名物といえばNHKの紅白歌合戦ですが
欅坂46のパフォーマンス中に平手友梨奈さんの手が痙攣していると
ネット上でファンの方の心配の声が次々と上がっています。

平手さんは以前にも体調不良で全国ツアーの一部を
欠席しているのでその影響がまだ残っていたのかもしれません。

もしかしたら重大な病気なのでは?との声もあるので
真相を調べてみました。

Sponsored Link



紅白のステージでの平手さんの様子

問題のその場面はコチラです。

本来なら突き出した手をビシっとさせる場面ですが
平手さんの指は力なくフラフラと動いているように見えます。

そして最後の全員でポーズをとる場面では
肩から息をしていて呼吸が乱れているような印象です。

そして最後はついに・・・

倒れ込んでメンバーに抱きかかえられてしまいます。

Sponsored Link



痙攣と倒れた理由は何?

これには公式の方から発表されていまして
理由はどうやら過呼吸だそうです。

パフォーマンス終了後、すぐに看護師の方が手当をされています。
過呼吸は安静にしていれば30分ほどで症状が落ち着くので大きな心配はいりません。

でもどうして過呼吸になったのでしょうか?

過呼吸の原因

過呼吸は呼吸を浅く速くするのを繰り返すことで起こります。

過呼吸の原因は自律神経の乱れによって引き起こされますが
その要因は主にストレス疲労睡眠不足が挙げられます。

平手さんは売れっ子のアイドルなので睡眠時間もかなり削られていることでしょう。

また、欅坂のセンターを常に務めていてそれに対するプレッシャーは計り知れません。
さらに今回は紅白という大舞台なのでプレッシャーは過去最高にかかっていたと思います。

今後の活動

以前に平手さんが体調不良を訴えたときもツアーを欠席して休養を取っています。
今回もその時と同様に休養を取ることでしょう。

ファンの方からもしっかりと休んでほしいという声が多く上がっています。

まとめ

平手さん人を惹きつけるものすごい魅力を持っている人です。
だからずっと欅坂のセンターを張っているんだと思います。

ですが中身はまだ十代の若い女の子です。
大きなプレッシャーを耐えるだけの力はさすがにまだないでしょう。

今回は運営やスタッフの配慮が足りなかったかなと印象を受けました。
しっかりと休んでまた素晴らしいパフォーマンスを見せていただきたいですね。

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です