北海道で起きた地震の詳細や停電の地域と復旧する時間は?今後の余震の可能性とは?

torsten-dederichs-643505-unsplash

9月6日午前3時8分頃北海道で最大震度6強を観測する地震が発生しました。

揺れが激しいところでは、土砂災害や家屋の倒壊などの危険性が高まっています。

非常事態のため、よほどの理由がなければ危険な場所には立ち入らず見の安全を図るようにしてください。
また、自身があった北海道では大規模な停電が発生しているとの情報も入ってきています。

今回は、今回の地震の詳細と停電地域と復旧時間、そして今後の余震について調査してみました。

北海道で起きた地震の詳細

発生日時  :2018年9月6日午前3時8分頃

震源地   :胆振地方中東部

震源深さ  :約40km

地震の規模 :M6.7(推定)

震度5強以上を観測して地域

ここでは震度5強以上を観測して地域を紹介します。

震度6強

北海道安平町早来北進、安平町追分柏が丘

震度6弱

北海道新千歳空港

震度5強

札幌北区太平、苫小牧市旭町、江別市、三笠市、千歳市、、恵庭市など

地震で停電した地域と復旧の時間は

今回の地震により大規模な停電が発生している模様です。

北海道電力の発表によると、現在北海道全域で少なく見積もっても約295万戸が現在停電中とのことでした。

さらには北海道内にある火力発電所はすべて停止中で再開の目処はまだたっていないとのことでした。
一時は水力発電も停止していましたが、現在は再起動済みで水力発電の電力を使い苫小牧市にある火力発電所を再起動させる方針のようです。

泊原発の状況は

東日本大震災で痛感させられましたが、地震のときの原発ほど脅威となるものはありません。

北海道古宇郡泊村には泊原発がありますが、現状どうなっているのでしょうか?

泊原発では不幸中の幸いにも原子炉は地震前から稼働していないようです。
しかし、使用済み核燃料の冷却を常に行わないといけないため、これには現在ディーゼル発電により電力を補っているとのことでした。

午前4時現在、放射線などの異常は確認されていないとのことでした。

余震の状況

本震から現在3時間が経過していますが、震度4または震度3の余震が複数回確認されています。

今後も継続的に余震が続く見通しです。
さらには午前3時に発生した地震が本震とは限らず本震の前の前震となる場合もありますので、今後共十分な注意が必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です