小島一郎(新幹線事件)の精神疾患は自閉症?入っていた自立支援施設やその時の行動は?

dani-ramos-497820-unsplash

2018年の6月9日に新横浜駅から小田原駅を走行中の東海道新幹線の中で起こった事件で、現在22歳の小島一郎さんが逮捕されました。

小島さんの素性が洗い出される中でどうやら精神疾患を患っていることが今回新たにわかりました。

今回は小島さんの精神疾患とはなんなのか、以前入所していた自立支援施設や施設内での行動を調査しました。

Sponsored Links

小島一郎の素性

tevin-james-369108-unsplash

姓名 :小島 一郎

出身 :愛知県岡崎市

年齢 :22歳

職業 :無職

ネット上ではいわゆるオタク顔と言われていて、趣味などは公表されていませんがアニメ鑑賞が趣味なんて報道されたら

小島一郎さんの画像①

小島一郎さんの画像②
また、アニメ批判する人が出てくるので辞めていただきたい限りです。
どうしていわゆる有識者の方々の中には”アニメ=悪”みたいなイメージを持っている方がいるんでしょうか・・・

小島さんに関しては少しずつ情報が出てきているようで、精神疾患を患っていること、そして自立支援施設に以前入所していたことが判明しています。

小島一郎の精神疾患の内容とは?

justin-veenema-505535-unsplash
小島さんは以前精神科の通院歴があるそうです。
最近ではうつ病の増加などから精神科に通う人はそう少なくはないようですが、小島さんの場合はうつ病などではなく他の精神疾患だと言われています。

というのも小島さんは定時制の高校を卒業されたあと、職業訓練校を経て埼玉県の会社に就職されています。

しかしせっかく入った会社をおよそ1年で退職されたそうです。
1年での退職、それ自体はあまり珍しいことではありませんが理由に少々驚きました。

その理由とは「人間関係が合わない」といった理由だそうです。

仕事をやめたことで実家の両親とトラブルになりその後は叔父の家に住んでたそうですが、その時精神科である病名を告げられて入院までしたそうです。

Sponsored Links

その病名とは”自閉症”でした。

自閉症ってどんな病気?

自閉症とは他人との社会的関係の形成ができなかったり、言葉や発達が遅かったり、特定の物に興味や関心を寄せるのが特徴です。

小島さんは以前にこんなことを発言しているようです。

自分は価値のない人間だ。自由に行きたい。それが許されないのなら死にたい

人生を悲観的に捉えているような発言ですが、これは若者ならよくあることに思えますし、よっぽどネガティブな思考の持ち主だったのではないでしょうか?

そして死にたいと思いながらこのような事件を起こしてしまったのか・・・・

小島一郎がいた自立支援施設とは


小島さんは中学生の頃から両親に自立支援施設に入らされていたようです。

両親が小島さんを自立支援施設に入れた理由は、実の父親に対して威嚇や暴力を起こすようになったことからだそうです。
小島さんはその自立支援施設で中学2年生から高校卒業するまでの5年間を家族と離れて過ごしていました。

中学生が入れる自立支援施設は”児童自立支援施設”といって経済が活発な愛知でもそう多くはなく調べたところ2件だけでした。

名古屋市にある玉野川学園、春日井市にある愛知学園の2つでこのどちらかに入っていたと見られます。

小島一郎の自立支援施設での様子

今回のニュースでは小島さんが入っていた自立支援施設の代表の方もコメントされていてそこから施設内での小島さんの様子を伺えるような話がありました。

代表の方は小島さんのことを「彼がこんなことをやるなんて想像できなかった、喧嘩なんかするような子ではなかった」と話されていました。

また、施設の職員の方も「すごく真面目な子だった」と語っていて人に危害を加えることは一切ないと断言されていました。

先程の両親に対する行動とは真逆のように感じますね。施設内では自制することができていたのか、それとも施設という環境で抑圧されていたのか・・・

自立支援施設をでた後の小島さんは家出を繰り返していたことを踏まえてると、施設では自分を抑えていたのではないでしょうか?

まとめ

・小島一郎は精神疾患を患わっていた

・精神疾患の病名は”自閉症”

・小島一郎は「自分は無価値だ」、「自由になれないなら死にたい」と発言していた

・自立支援施設に中学2年から5年間過ごしていた

・愛知県にある児童自立支援施設は玉野川学園と愛知学園の2件

・施設では喧嘩をするような子じゃなく真面目な子だった

・施設内では自我を抑制していたのではないか

精神疾患を患った方に司法はどんな裁きを下すのでしょうか?
まだまだ今後色んな情報がでてくると思いますのでそのときはまた書かせていただこうと思います。

◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です