はやぶさ2の現在地や帰還予定の日はいつ?最高速度や今後のスケジュールも調査!

thom-schneider-108615-unsplash

はやぶさ2は2010年に惑星”イトカワ”から帰還した
はやぶさの後継機です。

実ははやぶさ2が地球が地球を飛び立ったのは2014年
のことでそれから早くも4年の歳月が経とうとしています。

Sponsored Links

そして2018年になった今年はなんと目的地としていた
リュウグウに到達予定なんです。

今回ははやぶさ2の現在地や帰還予定の日、最高速度や
今後のスケジュールを紹介します。

はやぶさ2の基本情報

打ち上げ日 2014年12月3日
13時22分
小惑星到着予定 2018年
地球帰還日 2020年
小惑星滞在期間 約18ヵ月
目的地 小惑星”リュウグウ”
質量 約600kg

はやぶさ2のリュウグウに到着予定は2018年の6月以降だそうです。
また、地球に帰還予定日は2020年の未明です。

ちょうどオリンピックの時期に帰ってくるみたいですね。
そのとき前回のはやぶさのときのように大々的に報道されることでしょう。

Sponsored Links

はやぶさ2の最高速度

はやぶさ2のエンジンはイオンエンジンと呼ばれるもので
これははやぶさのときとほとんど同じものです。

イオンエンジンの特徴として推進力が低い半面、少ない燃料でも
長時間可動できるというものです。

推進力が低いからそんなに速度は出ないというと、そういうわけでもありません。
惑星の重力に作用してはやぶさ2は移動することもできますので思ったよりも
速い速度が出せるんです。

現在、はやぶさ2が記録した最高速度はなんと秒速約32km!!
音速を簡単に超える速度で移動することもできるんです。

はやぶさ2の現在地

JAXAのはやぶさ2特設ページからはやぶさが現在ドコにいるか
わかるようになっています。

2018年5月6日午前3時では
地球との距離:約2億9000万km
総飛行距離 :約30億6000万km

160517-hayabusa

数字がまさに天文学的数字過ぎてリアル感がないですが、
1秒毎に更新されていてまさにリュウグウをい目指して飛行
しているんだなと感慨深いものを感じます。

はやぶさ2の今後のスケジュール

はやぶさ2は6月末に小惑星”リュウグウ”に到着する予定です。

リュウグウでのはやぶさ2のミッションは”リュウグウ”の
物質を持ち帰ることです。

実際にはやぶさ2が採取作業に入るのは2018年9月を予定されています。

採取作業は2019年の7月までを予定していて、11月に
”リュウグウ”を出発するそうです。

それ以降詳細なスケジュールはまだですが2020年中に地球に
帰還して採取した物質を届けるようになっています。

まとめ

・はやぶさ2のリュウグウに到着予定は2018年の6月以降

・地球に帰還予定日は2020年の未明

・現在、はやぶさ2が記録した最高速度はなんと秒速約32km!!

・2018年5月6日午前3時では地球との距離:約2億9000万km

・はやぶさ2が採取作業に入るのは2018年9月を予定

・リュウグウを飛び立つのは2019年11月予定

まだリュウグウに到達していないはやぶさ2ですが、
実は予定の3分の2はすでに消化されています。

しかし、肝心の採取作業や地球に帰還することができるかは
まだまだこれからです。

前回のはやぶさでは様々なドラマが生まれましたが、
無事帰還してくれました。

今回も無事帰還してくれることを祈るばかりです。

◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です