タバコを趣味にする、加湿の方法も紹介します

この記事は1分で読めます

タバコ 趣味 加湿

タバコを吸っている人ってただニコチンを補給するためだけに吸っているかのようなイメージがありますが単純にそれだけとはいえないんです。

コンビニのカウンターを見てみても何十種類と置かれていて好みがかなり別れているんです。ニコチン補給の手段という味方は否定しませんがそれだけでないことは断言します。

タバコ=紙巻タバコと思われている現代でもパイプ・葉巻・キセルがなくならないのはタバコが趣味として確立されていることを証明しています。これらのタバコは初期費用も高くまためんどくさいので趣味じゃなければもう無くなっていてもおかしくないようなものなんです。

 

この記事が今タバコを吸っている人にとって単なるニコチン補給の手段じゃないことを知ってもらえれば良いと願っています。

 

 

美味しいタバコを吸う

 

タバコを趣味にしたいなら美味しいタバコを吸うのが一番です。いきなり葉巻やパイプじゃなくてもコンビニにあるタバコでも今以上に美味しく吸う方法があります。

それはタバコを加湿することです。多くの喫煙者が知らないことですがタバコは加湿してやると甘みが増します。加湿は葉巻やパイプタバコを吸っている人たちには常識と言ってもいいぐらい重要な知識です。

 

タバコを加湿する方法

 

タバコを加湿する方法は色々あるんですが本格的にするなら専用のものであるヒョミドールやタバコジャーといったものが必要になります。

今回はそんなものを使わずに簡単にできる方法を紹介します。

必要なものは

ジップロックやタッパーなどの密閉できるもの

だけです。この中にタバコを入れて後はみかんの皮や水で湿らせたティッシュや脱脂綿を入れるだけです。水はミネラルウォーターや薬局で買える精製水の方がいいですが水道水でも構いません。

この状態のまま2~3時間放置するだけです。後はいつも通りに吸っていただいて構いません。ちなみに水の代わりにウイスキーやワインを使って加湿すると匂いがタバコに移って非常に美味しくなります。

タバコ 加湿 趣味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Sponsored link
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。