断食はダイエットだけでなく健康にも効果的です。正しいやり方と日数を守ってやりましょう。

この記事は2分で読めます

CRI_IMG_6011_TP_V

ダイエットしようと決意していきなりまったく食べないという人は多くないと思いますが、
断食は体を健康にするため大変役立ちます。(もちろんダイエットにも効果的です。

昔と違って人類は多くの食事をとりすぎていることから胃や腸などの消化器を酷使しています。

体や心に休息が必要なように内臓である消化器にも休息は必要なものです。
断食を行うことで消化器にも休息を与えることができます。

断食の驚くべき効果

 

N934_sarari-mannishindanOK_TP_V断食の効果について下にまとめています。

①内臓を休ませる
➡現代人は1日三回食事をすることが普通となっていますが、この状態は胃や腸などの消化器官を酷使していることに等しいのです。たとえ一回の食事を抜いたとしてもこの酷使してきた消化器官に休息を与えることができます。

②過剰な脂肪をとる
➡昔より人類は食事の回数が増えたこともあり栄養が過剰になりがちです。とりすぎた栄養はもちろん体に蓄えられます。断食をすると栄養を取らないわけですから体に蓄えられた栄養を使うしかなく
脂肪を燃焼
させることができます。

③デトックス(体の毒素を排出する)
➡人間の腸には細かい隙間が一杯ありそこに、体内の分泌物が腐敗したものがたまりやすくなっています。長年の食生活で腐敗した分泌物(宿便)はたまり続けています。断食によってこの宿便を体外に排出できることは広く知られていることです。

④体の抵抗力を強くする。
➡断食を行うと体は防衛反応をおこし抵抗力を強めます。具体的には体の白血球が増加
します。
白血球は体内に侵入してくる細菌を殺す作用があり結果、抵抗力を高めることとなります。

 

断食の正しいやり方(1日)

 

N934_gattsupozedr_TP_V初めての断食であれば無理をしないためにも1日だけの断食がいいでしょう。
1日だけといえども効果は期待できます。

<断食前日>
いつもより食事の量を8~5割程度少なくしましょう。
食事の内容で注意すべきことは香辛料や油を多くとらないことです。

また、飲酒・喫煙は体に毒素を入れることと同じなのでしないようにしましょう。

<断食当日>
激しい運動はNGです。読書などをして静かに過ごしましょう。
また、水を意識して飲むようにしましょう。(普段よりたくさん飲むように
空腹を紛らわせるには寝ることが効果的なのでいつでも寝れるような体制でごろんとしているのもいいでしょう。

<断食翌日>
断食後の朝は薄めのおかゆと梅干がおすすめです。ゆっくりよくかんで食べるようにしましょう。
昼食・夕食は普段と同じようなメニューでいいですが意識して量は少なくかつ油も多く取らないようなメニューにしましょう。

いかがだったでしょうか?
断食は栄養を取りすぎている現代人にとって新しい健康法として認知されてきています。
特に
普段から外食ばかりの人や脂っこいメニューが好みの方
は消火器が日ごろの活動でまいっている可能性が高いです。
この機会に消化器をリフレッシュさせてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. magnifier1_doctor
  2. 冬に疲れやすいと感じるのは寒暖の差!!対策まとめてみました。
  3. DI_IMG_5783_TP_V1
  4. 新入社員 5月病 チェック 対策
  5. 口内炎 治す 飲み物 マウスウォッシュ 速攻
  6. SFTSの感染を防ぐ方法は!?犬や猫にも注意が必要!!
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。