青あざが治らない!原因と対策をお教えします。

この記事は2分で読めます

DI_IMG_5783_TP_V1

ぶつけた記憶がないのにいつの間にか足や手に青あざができていたこと皆さんはありませんか?

これが男性なら普段の生活に支障はきたさないと思いますが、女性の方だとスカートが着れなくなったりしてせっかくおしゃれしたい日に着たい服を我慢したなんて経験はあるかと思います。

特に女性の方は男性より青あざができやすいとの統計もありますので日ごろから注意していただきたいです。

この青あざがすぐに治ってしまえばよいのですが、2,3週間たってもあざが残っていることがあると思います。

そんな厄介な青あざが長く残る原因と青あざを早く治すために必要な対策について紹介したいと思います。

青あざがなかなか治らない原因とは?

TSU863_pool_TP_V

 

ビタミンCや鉄分が不足してしまうと青あざができやすく、治りにくい体質となってしまいます。

特にビタミンCは
睡眠不足やストレス
でも消費されてしまうので、現代人にとっては常に不足しがちな栄養素なので積極的に取りたいものですね。

ビタミンCは果物などに多く含まれ特にイチゴやアセロラなどに多く含まれています。

余談ですが、ビタミンCが多く含まれているイメージが強いレモンですが実は含有量が低いです。

なのでレモンからビタミンC摂取するのはあまり効率的とは言えません。

Sponsored Link


一日でも早く青あざを治す方法

SEP_287315080800_TP_V

 

ぶつけた直後は冷やすのが効果的ですがしばらくたった患部を冷やすのは血流が悪くなるので逆効果です。また、氷で直接患部を冷やすのではなくタオルなどでくるんで冷やしましょう。

 

しばらくした後は温めることでより早く治すことができます。血流をよくして回復を促進させることができます。

青あざにはマッサージも効果的です。この時注意したいのは強くマッサージしてしまうと逆効果になってしまいますのでやさしい力でマッサージしてあげてください。

爪楊枝や串などで軽く患部をつくのも血流を良くするのに効果的ですね。

 

先ほど書いたビタミンCや鉄分を摂るのも早く治したいときに効果的です。

鉄分を多く含むレバー、小松菜ビタミンCを多く含む果物は積極的に摂っていきたいですね。

いかがだったでしょうか?

何時までも治らない青あざは女性のファッションの選択肢を少なくしたり、人から心配されたりと長引けば長引くほど嫌なものですね。

僕自身気が抜いてる時にぶつけたりして青あざができることが多いので、そういう時は数日後にいつもより長めにお風呂に入って血流を良くしようとしています。

意外とこれだけでも早めに治るような気がします。

今あざができて困っている人はぜひ試してみてくださいね。

 

いろんな方法を試しても治らない場合は白血球に異常があるかもしれませんので病院に行くことをお勧めします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. SFTSの感染を防ぐ方法は!?犬や猫にも注意が必要!!
  2. PAK75_karutemitenayamu20141025131412_TP_V
  3. CRI_IMG_6011_TP_V
  4. 新入社員 5月病 チェック 対策
  5. 冬に疲れやすいと感じるのは寒暖の差!!対策まとめてみました。
  6. SAYA160105202992_TP_V
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。