【2017】冬コミケで初心者のための持ち物リストと注意点!!

この記事は2分で読めます

東京ビッグサイトで毎年8月と12月に開催される日本が世界に誇るサブカルチャーの一大イベントコミックマーケット通称「コミケ」

一般に8月に行われるものを「夏コミ」、12月に行われるものを「冬コミ」と呼ばれています。コミケは真夏と真冬と過酷な季節に行われているためそれぞれに熱中症対策や寒気対策が必須です。

さらに季節対策だけでなくコミケ独特なルールやしっかりとした準備をしていないと「ただ人ごみに行って疲れただけ」になることも考えられます。
初心者・初参加でもコミケを満喫したい方はぜひ今から紹介することを参考にしてみてはいかがでしょうか?

冬コミに必須級な持ち物リスト

<持ち物リスト>
必須度 備考
水・お茶 冬といえども会場内はとても暑いので水分補給できるものは必須です。
ビックサイト内でもコンビニはありますが非常に混雑していますので事前準備がおすすめです。
ちなみに会場内での飲酒は禁止です。
サークル見取り図 事前に販売しているコミケのカタログに入っています。
カタログ自体はとても重いのでサークル見取り図のみ持ち込みましょう。
カタログは当日会場でも買えますがやはり重いので事前購入をおすすめします。
防寒着 会場に入ると脱ぐものなのでなるべくコンパクトなものがいいです。
カイロ 会場内ではいらなくなってしまうので張らないタイプがおすすめです。
1個では寒いので3,4個持っていくのがベターです。
食料 会場内でも購入は可能ですが並ばないと買えませんし何よりその時間をサークルを回るために使ったほうがよいでしょう。
片手で食べられるおにぎりやウイダーがおすすめです。
小銭・千円札 販売する側となると1万円札は処理に困りますし昔偽札が出たこともあり警戒されます。
コミケに行く1週間前から貯めておくのがいいでしょう。
紙袋 会場内で手に入れることもできますがそれをそのまま使うと電車で注目を浴びてしまいます。
公共の場でふさわしくないものも多いので事前に準備しておくのがいいでしょう。
クリアブック いわゆる「薄い本」をそのままバックや紙袋にしまっているとグシャグシャになります。
特に本購入がメインになる人は用意するといいでしょう。
モバイルバッテリー 友人と来ていて連絡をとる必要がある人は持っていくと便利です。
ただし会場内は電波が悪い場合がありますので注意。
マフラー・手袋 寒さ対策に持っていくといいですが会場に入ると邪魔になりますのでどうしても寒さが苦手という人以外はいらないでしょう。
本・ゲーム コミケでは並ばないと買えないものがあったりして待ちの状態が多く発生します。
待機中の暇つぶしに持っていくといいでしょう。

Sponsored Link


コミケに行くときの注意点とマナー

コミケの注意点・マナー
注意点 トイレは早めに コミケのトイレは長蛇の列ができていて数十分待つこともあります。
余裕をもって早めに行く用意心がけてください。
コミケでは歩き回ることになりますので歩きやすい靴、ランニングシューズなどがおすすめです。
体調が悪くなったら 会場は何万人という人がいて人ごみに慣れていないと気分が悪くなってしまいます。
そんな時は近くにいるスタッフの方に声掛けをしてください。
救護室に連れて行ってもらったり救急隊に連絡を取ってもらえます。
マナー 撮影 サークルやコスプレイヤーの方を許可なしで撮影してはいけません。必ず許可を散りましょう。
また、SNS等にアップする場合は別途許可が必要です。
徹夜 コミケの開催日に徹夜でビックサイトに並ぶ行為は禁止されています。
徹夜すると体力がないままで参加することになって危険ですし何よりコミケの存続が難しくなりますので絶対にやめましょう。
並びを守る コミケでは列の最後尾を示す「最後尾札」というものがありそれを目印に並んでください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Sponsored link

関連記事

  1. シャワークライミング 体験
  2. 旭川冬まつり 氷彫刻世界大会
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。