水滸伝、戦国獅子伝とは?作者は横山光輝?いつの時代の話?

この記事は2分で読めます

images

横山光輝先生の名前は知らなくても学校の図書館で「三国志」や「史記」を見たことがある人は多いと思いますし、

「鉄人28号」や「バビル二世」というアニメを聞いたことがあると思います。

ネット上のスラングでも「
孔明の罠
」はよく聞きますよね(笑)
cg1571
横山先生は漫画家として約半世紀活動されたので、代表作以外にも非常にたくさんの漫画があります。

今回はその中で僕がおすすめする「水滸伝」と「戦国獅子伝」を紹介させていただきたいと思います。

 

実は三国志よりも前に書かれていた水滸伝

mime1282

横山漫画の中国歴史ものの第一作がこの水滸伝です。

水滸伝はあまり日本人にはなじみがないものだと思いますが、漫画で三国志の物語を知った人が多いように抵抗なく頭に入ってくると思います。

 

水滸伝は中国四大奇書の一つである「水滸伝」を漫画化したものですが、少年向けということがあり、残酷描写や性描写は削られています。

 

この横山水滸伝の凄さは日中の国交が正常化する前で中国の情報がなかなか手に入りにくい状況で書かれたものであるということだ。そのため原作から想像で書くしかなかったのですが完成度はすこぶる高いです。

(実際、少々誤りがあるが特に気になることではないと思う。)

 

水滸伝は手に入りやすい文庫版では全6巻であり、三国志の全30巻と比較するとボリューム不足のように感じてしまうが読みごたえは十分に感じる。

今まで水滸伝に触れたことがない人には入門としてもおすすめな漫画「水滸伝」、完成度が高く必ず満足できる漫画だと思います。

 

他の横山漫画と違って大人向けの戦国獅子伝

9784778031695
物語の舞台は中国の戦国時代(始皇帝が中国を統一する前の時代)の話で主人公である大国の王子の文竜と奴隷出身の武虎と獅子の崑崙の2人と一匹の冒険を描いたものです。

この漫画が他の横山漫画と比べて圧倒的に違うのが残酷描写や性描写が数多く出てきます。

史記でも残虐な描写は出てこないことはないですがそれと比べられないぐらい頻度が高くえげつないです。

いわゆる人間の欲望や残虐性をしっかりと描いてると感じました。

このような描写は苦手な方もいるとは思いますが、内容は間違いなく面白いので是非読んでみてください。

 

いかがだったでしょうか?

漫画の内容については
ワザと
書かないようにしました。それは僕自身内容を先に知ってしまうと面白さが損なわれると思っているからです。

それに内容を知ってわかった気になっても、実は全くわかってないことが大半だと思っています。

ですから実際の内容はぜひ手に取っていただいてご自身の目で確かめてください。

感想などいただけるととても嬉しいので、遠慮なく書いてみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 星野目をつぶって
  2. デビルマン
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。