新入社員のための5月病セルフチェック!!

この記事は2分で読めます

新入社員 5月病 チェック 対策

ゴールデンウイーク明けの学生・社会人がなりやすいと言われている「5月病」医学的な病名としては「適応障害」と言われています。

環境にうまく馴染めず精神が不安定となる状態を表しています。特に5月は新しい生活・環境からスタートを切って1ヶ月ということで高いストレスがたまっている状態ですので1年間でも適応障害にかかりやすい時期といえます。

 

新入社員の方は特に新しい環境・新しい人間関係・慣れない仕事の中でストレスが溜まりやすくなっているのでいつ爆発してもおかしくありません。あなたは大丈夫ですか?

まず5月病かどうかチェックを行ってその後対策を見ていきましょう。

 

5月病チェックリスト

以下に当てはまる場合は1点、当てはまらない場合は0点でカウントしてください。

・夜寝付きが悪い
・休日に家にばかりいて外に出ない
・長い時間寝ても疲れが取れない
・朝起きると吐き気がする
・今まで趣味だったもののやる気がなくなった
・日中ボ~とすることが増えた
・思考がネガティブになった
・食欲が極端に減るか、ダラダラと食べ続ける
・テレビやゲームが面白くなくなった
・集中力が減って思考がとぎれとぎれになる

3~5点の方は要注意です。ストレスがかなり溜まっている状態なので解消を心がけてください。
6点以上の方は5月病またはうつ病の可能性が高くこの症状が2週間以上継続している方は精神科やクリニックへの受診をオススメします。

5月病の対策

5月病だけでなく最近精神的に疲れていると感じている人は以下の方法を実行してストレスを解消してください。

好きな音楽を聴く

新入社員 5月病 チェック 対策
音楽は心を癒やしたり元気をくれたりするパワーを持っています。アップテンポのような曲はもちろん暗い雰囲気の音楽でも効果がありますので是非実践してみてください。

日光を浴びる

新入社員 5月病 チェック 対策
働いていると室内にこもることが多くなかなか日光を浴びる機会がありません。休日は少しの時間でも外に出て散歩をするようにすると改善されます。それだけでなく平日の朝に日光を浴びてから仕事に行くのも効果的ですね。

お風呂に長く浸かる

新入社員 5月病 チェック 対策
お風呂はリラックス効果があり長く浸かることでその効果を発揮します。熱いお湯よりも温めのお湯のほうが長く入っていられリラックス効果を高まります。

医師に相談する

新入社員 5月病 チェック 対策
どうしてももう無理となる前に病院に受診しましょう。科は心療内科か精神科を受診してください。
クリニックなどは事前の予約が必須なところが多くすぐに行きたいときには総合病院の精神科・心療内科であれば飛び込みでも診察してもらえますので急ぎの場合はそちらに行くようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Sponsored link

関連記事

  1. 冬に疲れやすいと感じるのは寒暖の差!!対策まとめてみました。
  2. PAK75_karutemitenayamu20141025131412_TP_V
  3. ヘンプの炭 麻炭 効果 安全性
  4. オウム病 潜伏期間 感染経路 症状
  5. レジオネラ菌 症状
  6. SFTSの感染を防ぐ方法は!?犬や猫にも注意が必要!!
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。