梅雨の体調不良は自律神経の乱れのため?効果的な対策とは?

この記事は2分で読めます

SAYA160105202992_TP_V

なぜ梅雨は体調不良になりやすいのか?

もうすぐ梅雨の季節に入りますね。
じめじめと蒸し暑い梅雨は誰もが嫌なものです。それだけではなく梅雨の時期は体調を崩しやすい時期でもあります。
なぜ梅雨は体調を崩しやすくなるのでしょうか?

PAK78_amenosibuya20141220150640_TP_V

じめじめと蒸し暑かったり急に冷え込んだりすると私たちの体はストレスを感じます。
知らないうちに私たちは「天候」によってストレスを感じているわけです。
梅雨の時期は特に天気が崩れやすいので不快感を感じやすくそのストレスが積もり積もって
体調に悪影響を及ぼすわけ
です。

日本は特に世界でも気候の変化に富んでいるので、気候の変化が体調に異変を与えたと感じている人が多くいます。

体調不良の原因は自律神経の乱れからくる!

OOK75_sekikomumasknodansei20141221140642_TP_V

自律神経とはそもそも呼吸、消化、血液の循環などの活動を調整していて常に働き続けている神経です。
梅雨の時期は天候が変わりやすく気圧や気温が不安定になりがちです。

気圧が高いと血管が細くなり血液の循環が悪い状態になります。
逆に気圧が低くなると血管や内臓が膨らみ神経を圧迫します。
これらは自律神経が調整を行っています。

気温においても、寒くなると体を震わせて体温を上げる、熱くなると汗を出したり血管を広げて熱を発散させる。
これらも自律神経が調整を行ってくれているのです。

自分自身では自律神経が働いているかはわかりませんが、気圧・気温が変化した際は自律神経はめまぐるしく働いています。この自律神経の働きが活発に変化することで体調にも変化が出やすくなるのです

梅雨時に起きる体調不良の対策とは?

自律神経のバランスを整えることで体調不良は解決します。
具体的には、
夜就寝前にぬるめのお風呂にゆったりとつかると自律神経がリラックスした状態になるので良質の睡眠が得られます。

HOTE86_tukaretenecyatta15111240_TP_V

また、梅雨の時期は食欲が落ちる人が多く、糖をエネルギーに変換する栄養素ビタミンB1が不足しがちになるので積極的に摂っていきたい。ビタミンB1が不足すると疲れやすい体になってしまいます。
ビタミンB1を多く含む食品は豚肉やごま、カシューナッツなどです。

疲れが取れないと感じている人はこれらの食品を意識して食べるようにしてはどうでしょうか。

N112_meshiumadanshi_TP_V

いかがだったでしょうか?
いやだいやだと思いながらも日本に住んでいる以上は必ず梅雨はやってきます。しっかりと対策をすることで体調不良は防げるので継続して行うことが大切だといえます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Sponsored link

関連記事

  1. 新入社員 5月病 チェック 対策
  2. SFTSの感染を防ぐ方法は!?犬や猫にも注意が必要!!
  3. DI_IMG_5783_TP_V1
  4. PAK75_karutemitenayamu20141025131412_TP_V
  5. ヘンプの炭 麻炭 効果 安全性
  6. ファブリーズ 咳
  1. この記事へのコメントはありません。