赤酒とはどんな味なのか?赤酒の産地は熊本!!

この記事は1分で読めます

赤酒

みなさん、「赤酒】というお酒をご存じですか?赤酒は熊本地方でよく飲まれているお酒で名前のとおり赤色をしたお酒です。

お正月になると各家庭でお屠蘇を飲むかと思われますが、熊本ではお屠蘇に赤酒を使うくらい身近なお酒です。

お酒ですのでそのまま飲むのが本来の使いみちなんですが、みりんの代わりに料理に使うこともできます。

みりんの代わりに赤酒を使うことで独特の甘み・コクがでて料亭で出されてもおかしくない料理ができるそうです。

 

今回は熊本の特産である赤酒について紹介します。

 

赤酒の味とは

気になる赤酒の味は一言で言うと甘いです。しかも結構濃厚な甘さがあります。一口口に含むとみりんのような印象を受けるかもしれませんが、赤酒はみりんと違ってサラッとしています。

はじめは癖があって飲みにくいかと思いますが、じきにその甘さが病みつきになります。

個人的に赤酒によく似たお酒は紹興酒だと思いますね。日本酒や焼酎などとは全く味わいが異なるお酒です。

 

みりんや料理酒の代わりに赤酒を

赤酒はその独特の甘み、旨味、香りによって料理に使うことでみりんや普通の料理酒では味わえない効果を発揮します。

赤酒は肉、魚、野菜すべてに用いることができます。

よく肉や魚を煮込むと身がしまってしまい固くなって食感を損ねてしまいますが、赤酒で煮るとふっくらとした美味しい仕上がりになります。

 

また、野菜を煮ても野菜本来の色を損ねずに調理できます。

 

いつも使っているみりんや料理酒の代わりに赤酒を使うことでワンランク上の料理に挑戦してはいかがでしょうか?

 

最後に

いかがだったでしょうか?今回は熊本の特産である赤酒について紹介しました。

そのままお酒として楽しむのはもちろん料理に使うことでも美味しくいただける一品です。

なかなか九州以外ではお目にかかれないかとも思いますが、現在はAmazonなどのネットショッピングがありますので気になった方は購入を検討されてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 蟹は実は栄養豊富な食材だった!!蟹はダイエットにもオススメ!
  2. 銀しぶき
  3. 炭酸飲料
  4. ティラピア 味
  5. 世界のカニ料理
  6. ミガキイチゴ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。