ビールが美味しく感じるのはいつから?苦手でもおいしく飲む方法とは?

この記事は2分で読めます

飲み会での最初の飲み物といえばやはり「ビール」が定番ですね。
友達だけの仲間内の飲み会だと最初にビールを飲まなくても問題ないですが、会社の飲み会だとどうしても最初はビールというのが定番になっています。

上司や同期が全員ビールを飲んでいる中、一人だけカクテルを飲むっていうのも居心地が悪いですし、できればビールをおいしく飲めるようになりたいっていう人は多いです。

誰もが初めてビールを口にしたときはその苦さから美味しくないっと思うのが普通です。
最初からビールをおいしいと思った人なんて聞いたことがありません。ですから、今は苦くて飲めなくても今後美味しく飲める日は必ず来ますので安心してください。

ビールの美味しさとは何か?

images

まず最初に断っておくことが、「苦み」は慣れることで美味しく感じることができる。ということですこれは科学的にも証明されていることです。

よくビールが好きな人にビールの何が美味しいのか、と聞くと苦みが美味しいという答えが返ってきます。
ビールの苦みが苦手で飲めない人には訳が分からないと思うかもしれませんが、そういう人たちは苦みに慣れているので美味しく感じることができるのです。

ですからビールをおいしく飲むためにはとにかく飲むことです。
本末転倒な答えかもしれませんが人間の味覚は慣れるようにできているので効果があります。

ですが、苦手なビールを飲み続けるのも酷だと思いますので少しでも早くおいしく飲める方法を紹介します!

ビールをおいしく飲める方法

まず、前提としてビールはキンキンに冷やしてから飲むこと

m_2013-6-19_13852cc7b7f119cffced245f2d08ef36

ビール、特に日本のビールは冷やしてから飲むことを前提にしていますので、常温で飲むより美味しくなります。
常温のビールなんてビール好きな人でも敬遠します。コーラも常温で飲むよりか冷やして飲むほうが美味しいですよね。それと同じです。

 

人間の味覚は環境によって美味しくなったりまずくなったりします。ビールを飲むときは体が冷えたときよりも、汗がだらだら出るような暑い時に飲んだほうが美味しいです。これもコーラなんかと同じですね。

large

 

それとお酒にはおつまみがつきものですよね?個人的にビールに合うおつまみは揚げ物です。唐揚げとか軟骨のから揚げ、とんかつがおすすめです。

img60029315

揚げ物を食べると口の中が油でべっとりとすると思います。その時にビールを飲むと口の中の油を洗い流してくれるので爽快感を味わえます。口の中がさっぱりとするのでおつまみもさらに美味しくなります。

まとめ

➀キンキンに冷やしてから飲む

➁体が火照っているときや暑い日に飲む

➂揚げ物などの脂っこいものを食べながら飲む。

あとがき

いかがだったでしょうか?少しでもビールをおいしく飲む手助けができれば幸いです。

僕も今では週2,3回ぐらいビールを飲むんですが始めは苦くてジョッキ1杯も飲めませんでした。(笑)
ほんの数年前の話です。ですから今は飲めなくてもこれから飲めるようになります。

最初、苦いからと言って毛嫌いしてしまうのはもったいないことなので、はじめはそんなものだと思って再びチャレンジしてみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 熊本 魚雷
  2. ティラピア 味
  3. 銀しぶき
  4. 赤酒
  5. ミガキイチゴ
  6. j-hiza8
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。