トランプ大統領の名言をピックアップ!ビジネスや人生での活用をオススメ!

この記事は2分で読めます

トランプ大統領 名言

ドナルド・トランプ氏とは

トランプ氏はトランプ・オーガナイゼーションという不動産会社の会長権社長を務められていてその前はホテルの運営会社であるトランプ・エンターテイメント・リゾートの会長でありました

しかし、2014年にトランプ氏が破産後、トランプ・エンターテイメント・リゾートは売却されました。

2016年、アメリカ合衆国の共和党の大統領候補に指名され、民主党のヒラリー・クリントン氏と大統領の座を争い見事勝利をして第45代アメリカ合衆国大統領になられました。

アメリカのビジネス界の有名人であることからトランプ氏が残した名言にはビジネスでの教訓多く含まれていて、私達にとっても実に役に立つ名言がありますので今回紹介させていただきます。

トランプ大統領の名言

トランプ氏は「暴言王」というありがたくないニックネームで呼ばれることも多々ありますがそれでもファンから根強い人気があります。

その人気を支えているのはトランプ氏がビジネスの成功者であることにほかなりません。それゆえにトランプ氏の名言は物事の本質をよく掴んでいます。

「時として慎重になりすぎることは最大のリスクになる。」

この言葉を目にした時あなたはどう考えましたか?

もしあなたが「リスクなど考えずに挑戦し続けないといけない」と考えたなら要注意です。この言葉は慎重になりすぎることは良くないと言っているわけではありません。

むしろその逆で慎重であることは大きなメリットだと言っています。しかしすべての物事が慎重にやることで成功するのではなくほんの1%は慎重さを捨てないと得られないこともあるという意味です。

「品質と誠実さを基盤にビジネスを築くと、黙っていても売れるようになる。」

この言葉の意味はいかにビジネスで品質・誠実さを維持するのが難しいかを伝えています。ビジネスをするのはもちろん我々人間です。

人間が仕事を行う際妥協がつきまといます。あなた自身仕事で妥協をしたことがあるかと思います。それを攻めるつもりは毛頭ありませんがその妥協は一種の自分自身に対する甘さです。

甘さを捨てることの難しさとともに、甘さを捨てることがビジネスで成功する大きな要素であるということですね。

「科学者が発見に至るまでに何年間努力を続けるのか見てみるといいそうすれば忍耐が成功の要素の一つであることがわかるだろう。」

我々人間はすぐに成果を求めがちです。しかし大きなものになればなるほど成果が出るのは遅くなります。重要なのは成果が出るまで淡々と仕事をこなすことです。

この成果が出ないときに淡々と仕事をすることが難しく「今やっていることに意味は無いんじゃないか?」と自問自答に陥ります。この状態で仕事をしていくのは難しく離れていく人が大勢います。

この成果が出ない時期に離れていく人が多いことは考え方を変えればあなたにとってのチャンスです。人ができないことをやる、しないことをするのはビジネスで成功するにあたって重要な要素です。

自分だけが苦しいのではなく、成功者が必ず通る壁のようなものと考えてください。

最後に

いかがだったでしょうか?今回はアメリカを代表するビジネスの成功者でもあるトランプ大統領の名言について取り上げました。

私は言葉とは一つの道具であると思います。

例えば一本の棒、私達一般人には杖の代わりぐらいしかならないものが剣道の有段者が持つとそれは武器であり凶器ともいえます。

たとえどんな本質をついた名言でもその名言から何も得ることがなければただ単に言葉の羅列にしかなりません。

今回紹介した名言もあなたの実生活に活かせるかどうかはあなたの受け取り方や今後の行動次第です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 高橋万太郎
  2. サルマン国王 宮殿 敷地
  3. 王少飛
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。