ゲキレアハンターに登場した白いキリンこと”オモ”の姿が美しい!!

この記事は1分で読めます

ゲキレアハンター 白いキリン オモ 

2017年8月18日放送の世界動物ゲキレアハンターで世界でも希少な白いキリン”オモ”が登場しました。

オモはアフリカ・タンザニアのタランギレ国立公園で2015年に世界で初めて発見されたマサイキリンといわれる種類でその白くて美しい姿からタンザニアの洗剤メーカーの名前をとり”オモ”と名付けられたのです。

オモが発見された後世界の学者の心配事は「捕食されずに成長できるのか?」ということでした。
もともとキリンの生後半年の生存率は50%といわれていて肉食動物の標的になりやすいのです。それにくわえてその白い体は非常に目立ちやすく捕食者の目に留まりやすいので捕食される危険が高いといわれていました。

肉食動物だけでなく珍しいオモは密猟者から狙われるという心配もありました。しかし国立公園が無人ドローンや追跡犬を駆使して密猟者から守る対策を敷いたおかげでオモが捕らえられるという悲劇は起こっていません。

なぜオモは白いのか?

白いキリン オモ アルビノ リューシスティック

オモはアルビノ(黒色色素欠損)ではなくリューシスティック(白変種)という個体です。アルビノはそもそもメラニンという色素を持っていない個体でリューシスティックは色素は持っているけど白い個体のことを指します。

アルビノとリューシスティックの違いは目で分かります。アルビノの目は赤く見えることが多いですがリューシスティックの目はほかの個体と同じです。オモの目を見ると黒くてほかの個体と同じことがわかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Sponsored link

関連記事

  1. オオカミウオ 藤岡弘 味 噛まれる
  2. セイウチ 牙
  3. ハリオアマツバメ 速さ
  4. サイガ 鼻 ツノ 密漁 感染症 絶滅
  5. シロイルカ 知能
  6. ヤマアラシ トゲ 毒 最強
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。